台風の基礎知識と情報収集

台風接近前に知っておきたい警報と注意報の種類と取るべき行動とは?

投稿日:2017年6月6日 更新日:

- Sponsored Links -

台風などの自然災害から命を守るためには、国や都道府県が行う対策などの「公助」だけでなく、私たち一人一人の「自助」、すなわち、災害に対する備えをしておく、危険を感じたら早めに避難するなど、自らの命を守るための防災行動を起こすことが重要です。

そのために事前に注意しておきたいものが、気象庁が発表する気象警報・注意報などの「防災気象情報」です。

では、台風接近前に知っておきたい警報と注意報にはどのような種類があるのでしょうか?

また、そのときに私たちが取るべき行動とはどのようなものなのでしょうか?

防災気象情報の種類

防災気象情報(大雨や台風)には、現在以下の3つがあります。

特別警報 大雨(土砂災害、浸水害)、暴風、波浪、高潮
警報 大雨(土砂災害、浸水害)、洪水、暴風、波浪、高潮
注意報 大雨、洪水、強風、波浪、高潮、雷

気象警報を発表するような大雨や台風は、ひとたび発生すると命に危険が及ぶおそれがあります。

そうした自然現象が予想される数日前から気象庁では「警報級の可能性」や「気象情報」を発表し、その後の危険度の高まりに応じて「注意報」、「警報」、「特別警報」を段階的に発表しています。

気象警報・注意報は、原則として市区町村ごとに発表され、危険度の高まる時間帯が赤(警報級)や黄色(注意報級)で色分けされて一目で分かる新たな表示が平成29年5月から始まっています。

また市区町村では、警報などを受けて、ハザードマップなどに基づく危険な区域の住民に対して、避難準備情報、避難勧告、避難指示の発令を検討します。

避難準備情報、避難勧告、避難指示については以下にわかりやすくまとめています。

警報や注意報などの防災情報は、効果的に利用して、早め早めの防災行動を取ることが命を守ることに繋がります。

気象庁のホームページに、防災気象情報の効果的な利用方法がわかりやすく載っていますのでご紹介します。

この図にもある通り、「土砂災害警戒情報」が発表されると、市町村では、土砂災害警戒判定メッシュ情報で「うす紫色」(非常に危険)が出現した範囲の土砂災害危険箇所・土砂災害警戒区域等に対して避難勧告などの発令が検討されます。

スポンサーリンク




警報や注意報が出たらどう行動すればいいのか?

台風や大雨などの自然災害の場合、防災気象情報が気象庁から発表されますが、「自分の命は自分で守る」という観点から、警報や注意報が出なくても、危険を感じたら自主的に防災行動(避難など)に移るのが望ましいとされています。

では、具体的にはどのような行動に出ればいいのでしょうか?

事前にハザードマップで危険な場所をチェックしておく

台風や大雨のときには、海岸や増水した川、崖や沢など、危ない場所に近づかないようにしましょう。

避難するときも、危ない場所の近くを通らないように、事前に市区町村などのハザードマップを確認しておくといいでしょう。

ハザードマップは、過去に発生した災害の被害状況をもとに、地震や津波、台風や集中豪雨による洪水、崖崩れや土石流、火山の噴火など、大規模自然災害における被害発生状況を予測し、市区町村の地図に書き込んだものです。

ハザードマップには、河川が氾濫した場合に浸水が予想される地域、土砂災害の発生する危険性のある地区(土砂災害危険箇所・土砂災害警戒区域など)などが示されていますので、事前にこれらの場所を知っておくことで、早めに避難行動をとったり、危険を回避して移動したりすることができます。

国土交通省が運営しているハザードマップポータルサイトの中にある「わがまちハザードマップ」というものがありますので、お住まいの地域や職場などのある市区町村の危ない場所を確認しておくといいでしょう。

「わがまちハザードマップ」の特徴や使い方は、わかりやすく以下の記事にまとめてありますので、参考にしてみてください。

台風が接近する前に窓ガラスの補強などの防災対策を

台風の基礎知識でもお伝えしていますが、台風被害の最も大きなものは強い風と大雨です。

台風から吹き出す強風で窓ガラスが割れてしまうと、家の中だけででなく人にも危険が及ぶことになります。

台風の強風で窓ガラスが割れると、大きく2つの被害が出ます。

  1. 家の中に吹き付ける雨風で部屋や家具などが濡れてしまう
  2. 砕け散った窓ガラスの破片でケガをしてしまう

これらの被害を最小限に抑えるために、できることは以下の3つです。

  1. ベランダ周りの片付け
  2. 窓ガラスに飛散防止シートを貼る
  3. 窓のリフォーム、サッシのリフォームをする

特に、窓ガラズの補強は簡単にできますので、まずはここから始めてはいかがでしょうか。

補強方法などはこちらにわかりやすくまとめていますので、どうぞご覧ください。

スポンサーリンク




停電などに備えて防災セットを準備しておく

台風の大雨や強風による停電や断水に備えて防災セットを準備したり、避難が必要な際に必要なものを準備しておくことも必要です。

また、最低限の備えとして3日分の飲料水や非常食なども準備をしておきましょう。

防災セットは、防災のプロが厳選したものを選ぶようにしましょう。

おすすめは、防災ショップ Defend が販売している防災セット『ディフェンド フューチャー』です。

『ディフェンドフューチャー』は、防災のプロである防災士が厳選した防災セットで、3日間生き抜くために必要な防災グッズが詰まっています。

防災グッズが39点揃う『ディフェンドフューチャー』を実際に購入してみた感想や特長などを以下にまとめていますので、あなたの防災セット選びの参考にしてみてください。

非常食は、体を温めることができるもの、できればスープやレトルトのカレーなどを用意しておくといいでしょう。

実際に自然災害に被災した人の意見などを参考に、非常食についての考え方も変わってきました。

新潟県中越地震の被災者へ行ったアンケートによると、被災直後は「食べられるなら何でもいい」「食欲がない」「何を食べていいかわからない」と言う意見が多かったのですが、数日が経過してくると「パンは水分がなくパサつく」「温かいものが食べたい」と意見も変わってきました。

避難生活が長く続くと、明日への英気を養うためにも、温かいスープやお米などバリエーションに富んだメニューが必要になります。

まとめ

警報、注意報が発表されているときや悪天候のときは、交通機関がストップしてしまうおそれがありますので外出は控え、外出している人は、天気が荒れる前に、早めに帰宅するようにしましょう。

また、台風が接近するとわかったら、市区町村が発表する防災気象情報をこまめにチェックして、早め早めの防災行動を起こすよう準備をしておきましょう。

そして、危険を感じたら、防災気象情報が発表されていなくても自主的に避難するなど、自分の命を守る行動を第一に考えましょう。

防災セットや非常食などは、台風シーズンが来る前に必ずチェックして、足りないものがある場合は早めに揃えておくようにしましょう。







-台風の基礎知識と情報収集
-, ,

Copyright© 台風備え.com , 2021 All Rights Reserved.