防災グッズ

【Iwatani】カセットコンロを買うなら風の強い屋外でも安定した火力の「カセットフー風まる」がおすすめ

投稿日:2017年5月29日 更新日:

- Sponsored Links -

野外でカセットコンロを使うとき、一番の大敵は「風」です。

台風や地震などで被災したとき、屋外で炊飯や調理をする際に、火を風から守りながら使用することができる、Iwataniの「カセットフー風まる」をご紹介します。

Amazonプライムなら30日間無料お試しができます!(キャンセルはいつでも可能)

Iwatani「カセットフー風まる」は風に強く安定した加熱性能を保つカセットコンロ

風を遮り、安定した加熱性能を保てないと、貴重な燃料を大幅にロスすることになります。

炎が風によって横倒しにされてしまうと、調理器具の底に炎が当たらず、加熱性能が著しく低下してしまいます。

Iwatani「カセットフー風まる」は、炎に影響を及ぼす風を外側風防と内側風防の2段階でシャットアウトし、炎の燃焼に必要な空気のみを通します。

※画像は公式ホームページより引用

この2つの風防を備えることで、五徳(ごとく)の上にのる鍋や調理器具の大きさや形状に関わらず、安定した遮風効果が得られます。

近距離からの強風実験でもその風防の強さを発揮

公式ホームページでは、80cmの至近距離から扇風機で「強風」をあてる実験を行っています。

その際の沸き上がりスピードを比較した結果がこちらです。

※画像は公式ホームページより引用

Iwatani「カセットフー風まる」のスペック

本体サイズ 359(幅)×278(奥行)×115(高さ)mm
ケースサイズ 400(幅)×339(奥行)×129(高さ)mm
重量 約2.2kg
カラー 本体:ブロンズ色
風防ユニット:ブラック
材料 本体:鋼板(粉体塗装)
風防ユニット:ホーロー用鋼板(ホーロー加工)
バーナー:真ちゅう
器具せんつまみ:ABS樹脂
キャリングケース:PE樹脂
ガス消費量 約250g/h ※1
連続燃焼時間 約66分 ※2
点火方式 圧電点火方式
安全装置 圧力感知安全装置、他
容器着脱方式  マグネット方式
使用ガス イワタニカセットガス
使用できる鍋の大きさ 鍋底の直径が24cm以下で、鍋の側面部が容器(ボンベ)カバーの上にかからないもの。
(小さい鍋は鍋底の直径が16cm以上)
付属品 キャリングケース
生産国 中国

※1 気温20~25℃のとき、30分間のガス消費量を1時間に換算したもの
※2 気温20~25℃のとき、強火連続燃焼にてカセットガス1本を使い切るまでの実測値

まとめ

本体サイズも幅359×278×高さ115mmとコンパクトで保管しやすいのもメリットです。

ダンボールケースでは、雨などで破損しやすく、持ち運びには向かないのですが、PE樹脂の専用キャリーケースが付属するから持ち運びも容易で、すっきり収納できます。

ケースの有無はカセットコンロを防災アイテムとして考えるときには重要な判断材料になります。

Amazonプライムなら30日間無料お試しができます!(キャンセルはいつでも可能)







-防災グッズ
-,

Copyright© 台風備え.com , 2021 All Rights Reserved.